聖地神河のマコモダケ【送料込】

※2018年の収穫は終わりました。来年もよろしくお願いします

このマコモダケは、聖地神河の清らかな水と土と空気で育った、
無農薬・無肥料・無除草剤のマコモダケです。


「まこも(真菰)」は、沼や川の水ぎわに自生するイネ科の多年草です。
年に一度、9月中旬〜10月中旬頃、成長した「まこも」の茎の部分に
黒穂菌(くろぼきん)と呼ばれる菌が寄生し、茎の根元を肥大させます。
これを「マコモダケ」と呼び、希少な野菜として珍重されています。

1kg 3,000円(消費税・送料込)

「まこも」について
まこもは、沼や川の水ぎわに自生するイネ科の多年草です。
稲が大きくなったような姿で生き生きと力強く2mを超える草丈まで成長します。
神の宿る草とも言われ、太古の昔より神と結びつき、邪気を祓う「霊草」として崇められ、神事に利用され伝承されてきました。
まこもは水質浄化の働きに優れ、多くの生物に対して優れた生息環境をつくり、いろいろな水棲生物が集まってきます。霞ヶ浦や琵琶湖では、まこもを使った水質浄化事業が行われています。
まこもは食物繊維を豊富に含んでいる他、ビタミンB1、リン、カルシウム、ミネラル、葉緑素、ケイ素等も含まれます。
販売価格 3,000円(税222円)